木曜日, 11月 22, 2007

わが青春のヘッセが・・・

本棚からヘッセの詩集を出そうとしたら・・・押しても引いても手前側の可動式棚が動きません!ドイツ文学の文庫本が取り出せない状態で、あせっております。この棚たまに動かしてなければいけなかったのだなぁ。仕方がないからもう1冊買っておこう。
ジャン=パウルの本も近隣の図書館にはなくて国会図書館に行かなければならないのに、昨日も明日も休館日。国会図書館なんて、20年近く前に明恵上人の資料集めに行って以来で、どうだったかほとんど覚えていないのですが。困ったことに、近隣の図書館はまったく使えないんです。買えるかなと思ってネットで調べたら、1万円前後で卒倒しましたし(>_<)
本も足らない楽譜も足らない。100万円あったら何に使う?って時々聞かれるけど、超現実的な答えをいえば、全部使って本と楽譜と音源!他の物なんか後回しでござる。

2 件のコメント:

Пүүж さんのコメント...

可動式棚なのになんで動かないんですか。私は100万円あったらなんに使うかな、良く考えて後で答えます。

Shizuka Shimoyama さんのコメント...

そうですよね。上の棚の重みだと思います。そんなこと考えずに詰め込んでしまいましたので・・・