金曜日, 4月 13, 2007

色即是空

今日は家のお掃除。窓を開け放して黙々と、ひたすら動きました。
途中で、宇多田ヒカルのあの衝撃のデビューアルバム「First Love」を引っ張り出してかけて。このアルバムが出てすぐのころ、私はほんの小さいスーツケースひとつだけ持って、誰も知り合いのいないスペインはマドリッドに降り立ったのでした。日本を出る2日前に、1日目の夜の分だけホテルを予約して・・・そのあとは街の中心・プエルタ・デル・ソルからほど近くに1日1000円くらいの安宿を見つけて、そこにひと月ほど滞在しながら部屋探しを続けて、やっとのことで行き着いたのが闘牛場近くのピソ。部屋数だけはあって、とてもがらんとした場所で・・・夜などスタンドの灯りひとつだけつけて、あまりにも淋しくなるとときどき聴いていたのが、このCDでした。あれからもう8年。お互いいろんなことがありましたね。
夕方、半袖で自転車に乗りお出かけ。いつものように橋の上で止まって、葉の色が強くなってきた桜と、菜の花の黄色に彩られた川を撮りました。鴨も気持ちよさそうに水の上をすべり、散歩道には、いつものようにおじいさんと、女子高校生の姿がありました。

2 件のコメント:

てつろ さんのコメント...

いい風景ですね。こんなところを自転車で走ってたらさぞ気持ちのいいことでしょう。素敵なところにお住まいなのですね。うらやましいです。
まだ半袖じゃ寒くないですか?今日は3枚着て学校に行きました。

Shizuka Shimoyama さんのコメント...

そうでしょう~当ブログに何度も登場しているこの川はお気に入りです。毎日、違う風景が見られるんですよ。